博物館 明治村でカメラの練習 vol.1

犬山城下で1時間ほどスナップした後は、明治村へ行きました。

 

明治村は、小学校の頃に学校の遠足で行った以来。久々です。

博物館というだけあって、明治時代の貴重な建築物や資料が展示されているんです。明治時代は、純日本建築だけでなく、海外から入ってきた建築物も多く、和洋入り時混じった時代。純粋に本来の博物館として1日ゆったりと楽しむこともできるのですが、カメラを趣味とする人にとっては、これ以上ないほどバリエーションに富んだ被写体が目白押しなんです。

 

カメラ:FUJIFILM X-T1

レンズ:Voigtlander NOKTON classic 40mm F1.4 S.C. VMmount

 

 

 

 

三重県尋常師範学校・蔵持小学校の一室。

使い古された木製の机がとても良い味です。

子供の視点から撮影。このころは、いろいろなものが大きく見えて、何もかもが新鮮でしたね。

 

 

 

 

使い古されたピアノ。

鍵盤の剥がれ具合が、このピアノの音に乗せて、どれだけの子供達が歌ってきたのかがうかがえます。

 

 

 

 

 

聖ヨハネ教会堂。

 

 

 

 

 

 

 

2階の会堂。

自分で言うのもなんだけど、綺麗な色だなぁ。

 

 

 

 

 

西郷從道邸の手前にある建物。

ここは中に入ることはできないので、中の撮影は窓越しに撮影することになります。とても不審なのですが、インテリアが素晴らしいんですよね。

 

 

 

 

これも同じ建物です。

こんなに美しく並べられた本当、花器。

そして、グレーがかった独特の壁の色と木材の色。この時代の色はとても綺麗ですね。

 

 

 

 

 

西郷從道邸の食堂。

様々な角度から光が入り、綺麗に並べられた食器たちは、テーブルフォトの練習に最適です。

半逆光になってしまいましたね。反対側から撮影するべきでした。

 

 

 

 

 

鉄道局新橋工場と明治天皇・昭憲皇太后御料車。

とても重々しいソファ。

 

 

 

 

御料車へのドア。

 

 

 

 

工場内の配電盤。

 

 

 

 

明治村は、1丁目から5丁目まであるのですが、今回3時間程度滞在し、回れたのはこの1丁目だけ。

それくらい被写体がたくさんあります。グルメもありますし、1度だけでなく、何回行っても楽しめます。年間パスポートも3,500円と安く、四季により表情も変わるので、何度も行くのが良いでしょうね。

私も年間パスポート買いましたし。次に行く時は、2丁目をじっくり撮影していきたいです。

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

コメント認証コード * Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

コメントする