名古屋港ワイルドフラワーガーデン ブルーボネットでスナップ

昨日は、ブルーボネットでの花の写真を投稿しましたが、今回は、花以外の被写体の写真を載せていこうと思います。

 

ブルーボネットは、花だけでなく、人工物も結構面白いものがたくさんあるんです。

写真へのコメントを加えながら見ていきましょう。

今回も引き続き、SONY α7と、CONTAX Planar T* 50mm F1.4 AEJで撮影しています。

 

 

 

 

 

 

ファミリーガーデンのクマ。

イギリスの作家の作品ということなので、パディントンがモチーフなのかな?

大きく広げた手が、子供たちを優しく抱きしめてくれそうです。

 

 

 

 

 

 

「日本・テキサス友好の庭」の反対側にあった小道の奥にあるベンチ。その両脇にいたウサギたち。

たまたま木の葉に半身が隠れてしまっているのでしょうが、なんだか意味ありげな表情に見えてしまいます。

 

 

 

ジャパニーズスモールワールド。

ミニチュアで表現された、日本の風景。

茶畑や田植えと桜が素敵です。

 

 

 

 

祭りの一コマ。

 

 

 

 

 

茅葺屋根の家。

軒先で座っているおじさんが、いい味を出しています。

手前を流れる川も、古い日本の風景を表現してくれています。

 

 

 

 

 

これは、わざとなのか、粘着力が落ちてしまったからなのか、おじいさん…転んで、台車に突っ込んでしまっています。

右端に切れていますが、そこにも粘着力が落ちてしまい、焚き火の中に頭から突っ込んでしまっている子供がいました。

やけどしてないといいけどね…

 

 

 

 

 

「日本・テキサス友好の庭」の建物の壁。

個人的に、こういった壁面を撮影するのが好きです。

 

 

 

 

テーブルガーデンのレンガの壁。

Planarで撮影すると、ツヤっとしたシャープさがあります。モノクロでも面白かったかも。

 

 

 

 

最後は、ブルーボネットのキャラクター、ボネットちゃん。

手に持ったラベンダーは、誰かにあげるのでしょうか?

なんだか、嬉しそうな顔をしているようにも見えます。

 

 

今回は、まだ3月初旬で花も多く咲いてはいませんでしたが、それでも十分楽しむことができました。

これから、4月、5月と暖かくなって、綺麗な花がたくさん咲いてくると、もっと楽しむことができると思います。

そして、園内全体がとても良い香りがするので、撮影だけでなく、お散歩にもちょうど良いと思います。

バスも、神宮前から片道210円とお得なので、気軽に花を撮りたい方は、ぜひ行ってみてはいかがでしょうか。

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

コメント認証コード * Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.