京都旅行2016秋 part.8~常寂光寺編~

嵐山から天龍寺を通り、向かったのは常寂光寺です。

 

 

 

%e4%ba%ac%e9%83%bd%e6%97%85%e8%a1%8c2016%e7%a7%8b-1

② | 18mm | F3.5| 1/40秒 | ISO 100

 

 

初めて訪れます。

名前が素敵ですね。

 

 

前日の夜に降った雨と、朝から時々吹く風によって、地面に、色づいた葉が落ちています。

 

 

 

%e4%ba%ac%e9%83%bd%e6%97%85%e8%a1%8c2016%e7%a7%8b-2

② | 18mm | F3.5 | 1/80秒 | ISO 100

 

 

 

朱に染まり、とても美しい景色です。

少し脇に入ると、

 

 

 

%e4%ba%ac%e9%83%bd%e6%97%85%e8%a1%8c2016%e7%a7%8b-3

② | 26mm | F3.8 | 1/4秒 | ISO 100

 

 

苔ともみじの組み合わせ。

葉の色も様々で、とても綺麗です。

 

ぐるっと周り、嵯峨野の景色を一望し、出口に向かうとイチョウの木が。

 

 

 

%e4%ba%ac%e9%83%bd%e6%97%85%e8%a1%8c2016%e7%a7%8b-4

② | 28mm | F8 | 1/80秒 | ISO 100

 

 

 

カエデとはまた違った魅力のある、イチョウの木。

イチョウの絨毯も綺麗ですね。

 

 

初めて訪れましたが、とても魅力的なお寺です。

このモミジとイチョウの絨毯を楽しむには、なかなかタイミングを合わせるのが難しいかもしれませんが、また見に来たいですね。

 

 

常寂光寺のそばには、こんな素敵な景色があります。

 

 

 

 

 

%e4%ba%ac%e9%83%bd%e6%97%85%e8%a1%8c2016%e7%a7%8b-5

③ | 11mm | F10 | 1/160秒 | ISO 100

 

 

 

小倉大納言小豆畑です。

その先には、茅葺き屋根の古民家。素敵すぎる景色です。

 

どこまでも広がる青空に、小豆畑の緑色がとても綺麗ですね。そして、雲の白がいいアクセントになっています。晴れの日だからこそですね。

 

 

 

さて、この後は、仁和寺、龍安寺、源光庵と周り、高桐院から北野天満宮へ下り、嵯峨野嵐山のライトアップを楽しもうと思っていたのですが、昨日からの足の痛みがひどくなってしまい、とても歩ける状態ではなくなってしまったため、泣く泣く帰ることにします。

 

前回も同じくらい歩いたのですが、荷物が軽かったのと、靴がクッションのあるものだったため問題なかったのですが、今回は、完全に靴選びを失敗しましたね・・・

次は、もっと良い靴を履いてきましょう。

歩くのは好きですし、移動中の何気ない道にも、結構被写体があったりするんです。

 

それでも14時まで滞在していたのですから、十分ではないでしょうか。

2日間に渡って、様々な寺院を巡った京都撮影旅行。まだまだ行ったことのない寺院がたくさんありますが、またのお楽しみということで、今回は終わりとします。

 

京都を巡っていて感じたのは、クラシックカーが多いということでした。

古いものを大切にするという精神は、古都ならではなのかもしれませんね。

 

 

part.8まで長々と続きましたが、最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

もっと魅力的な写真を撮れるよう、これからも勉強していきたいと思います。

それでは。

 

 

 

 

=====================

 

今回の撮影機材

 

■Camera

Nikon D7100

 

■Lens

① SIGMA 35mm F1.4 DG HSM

② SIGMA 18-300mm F3.5-6.3 DC MACRO OS HSM

③ Tokina AT-X 11-20 PRO DX

 

■Filter

① Kenko CIRCULAR PL filter(SIGMA 35mmに装着)

② Kenko Zeta C-PL filter(SIGMA 18-300mmに装着)

③ Kenko Zeta EX C-PL filter(Tokinaに装着)

 

■三脚

SLIK MINI PRO 7 N

 

=====================

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

コメント認証コード * Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.