『BOTTOMWAVE MB5 DELUXE60』を売却しました

購入してから、気に入ってはいたけど、なかなかメインベースになることが出来なかった、Bottomwave MB5 Deluxe60。

日本製で作りもとても良く、セイモア・ダンカンのPUが良い感じに荒々しくて気に入っていたのですが、やはりどこか上品な部分は残っていて、(今参加している)ロック系のバンドの音には合わないので、結局、フェンダーのJBやPBを使用していたんです。
他のバンドに参加するまで取っておこうかと思いましたが、使わないまま所有しておくのももったいないので、オークションに出品しました。

フォデラ傘下のブランドなので、ある程度値はつくかと思ったのですが、やっぱり知名度の低さが災いして、結局、入札者は1名の、スタート価格での落札となってしまいました。ただ、落札者は、Bottomwaveのオーナーさんだったので、価値を知ってる人の手に渡って良かったです。

楽器は、現場で試してみないと、試奏だけでは分からない部分もありますし、『ハイエンドブランド=(自分にとって)良い楽器』とは限らないということを、この楽器から学びました。

自分の好きな音を出せる楽器に出会うって、なかなか難しいですね。

もっと、色々な楽器を試してみて、『自分の1本』を見つけたいですね。

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

コメント認証コード * Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.